content.php

洋食の定番、ミートドリア。ご飯ものなのでお腹も満たされ、また焼いてそのまま食卓に並べられるので見た目の豪華さも感じられる料理です。手軽に作れるキットなどもありますが、記念日や大切な日のお祝い、おもてなしなどに、ミートソースとホワイトソースを2層に重ねた本格ドリアを作ってみませんか?

RECIPEミートドリアのレシピ

材料

material

1~2人分(直径20cmのラウンドパンを使用)

・温かいご飯…お茶碗2杯分
・バター…大さじ1
・塩胡椒…適宜
・とろけるチーズまたはピザ用チーズ…40g

ミートソース
・合挽肉…150g
・玉ねぎ…1/2個
・人参…1/4本
・セロリ…茎の部分1/2本
・にんにく…1かけ分
・マッシュルーム…3個
・赤ワイン…60cc
・トマト…2個
・コンソメ…小さじ1(茅乃舎野菜だしを破いて使用)
・ケチャップ…大さじ2
・ウスターソース…大さじ1
・オリーブ油…小さじ1
・塩…小さじ1
・ローリエ…1枚
・塩胡椒…適宜

ホワイトソース
・小麦粉…大さじ2
・バター…10g
・牛乳…150cc
・コンソメ…小さじ1(茅乃舎野菜だしを破いて使用)

大皿で作るときは倍量で、調味料などは味加減を見ながら調整してください。

FLOW料理の流れ

ソースから作る!本格ミートドリアレシピ

ミートソースを作ります。玉ねぎ、セロリ、人参、にんにくは全てみじん切りにしておきます。トマトはざく切りにしておきます。フライパンまたは鍋にオリーブ油をひき、厚めにスライスしたマッシュルームを炒めて一旦取り出します。さらに、みじん切りにした野菜と塩を入れてじっくりと炒めます。野菜がくたっとして飴色に近づいてくるまで炒めます。

ソースから作る!本格ミートドリアレシピ

合い挽き肉を加え、ポロポロになるように崩しながら中火で炒めます。合い挽き肉の色が変わったら赤ワインを加え、アルコールの香りがなくなるくらいまで強火で煮詰めます。トマトを加え、水気が出るまで炒めます。

ソースから作る!本格ミートドリアレシピ

ケチャップ、ウスターソース、コンソメ、ローリエ、マッシュルームを加えて、汁気が少なくとろっとするまで煮込みます。煮込んだら、塩胡椒で味を整えます。

ソースから作る!本格ミートドリアレシピ

ホワイトソースを作ります。小麦粉とバターを耐熱容器または耐熱ボウルに入れて、ラップをかけずに電子レンジ600Wで30秒加熱します。

ソースから作る!本格ミートドリアレシピ

加熱が終わればレンジから一旦取り出し、牛乳を加えながらゴムベラで全体をさっくりと混ぜてなじませます。さらにコンソメを入れて混ぜ、ラップをかけずに電子レンジ600Wで50秒加熱します。加熱ができたら再度取り出して全体を混ぜ、さらに電子レンジ600Wで1分加熱して出来上がりです。

ソースから作る!本格ミートドリアレシピ

温かいご飯にバター、塩胡椒を混ぜてバターライスを作ります。耐熱皿にバターライスを入れ、ミートソース、ホワイトソースの順に重ねます。全体にムラがないように満遍なく重ねましょう。とろけるチーズまたはピザ用チーズを散らします。

ソースから作る!本格ミートドリアレシピ

250度のオーブンで10~15分ほど焼いて完成です! 焼き上がりの目安は、表面にこんがりと焼き目がつくくらいです。オーブントースターでも焼くことができますが、表面が焦げすぎないように、様子を見ながらアルミホイルをかぶせてください。また、焼き時間はお使いのオーブン機種によって異なりますので、焼き色が足りなければ様子を見ながら焼き時間を増やしてください。

ソースから作る!本格ミートドリアレシピ

日本の洋食の代表・ドリアを本格的に

洋食レストランでは定番の料理の一つ、ドリア。このドリアは、実は日本で生まれた料理なのです。戦前に横浜のホテルで総料理長を務めていた、サリー・ワイル氏が、日本に来てから考案した料理だと言われています。

シーフードやミートソース、さらに家庭ではカレーやビーフシチューのリメイクなど、様々な味付けで楽しむことのできるドリアですが、今回は王道かつ本格的なミートソースドリアをご提案しました。野菜を飴色になるまで塩と一緒に炒めることで旨味が凝縮され、さらに赤ワインで深みを出しています。トマト缶を使うと簡単ですが、フレッシュトマトでそのままの美味しさを引き出しました。

一見難しそうに思えるホワイトソースは、電子レンジで簡単に作ってみました!3回に分けて加熱することによって、ダマになってしまうことを防ぎます。手順を守って作ると決して難しくなく、お家でも本格的な味わいのドリアを作ることができます。

セロリは好き嫌いの分かれる野菜ですが、ミートソースに入れるのにはきちんと理由があります。それは、セロリの独特の香りをつけて深みを加えながら、お肉の臭みを消すという役割を果たしています。今回のレシピのようにみじん切りにして、トマトや赤ワインと煮込むとセロリの独特の風味も前には出てこないので、苦手な方やお子様にも食べやすくなっています。

ITEMS今回使用した調味料・食器・グッズ

ソースから作る!本格ミートドリアレシピ

DULTON GLUTTON Round pan

ラウンドパンとは、鋳鉄でできた円形の厚手フライパンです。 左右に両手で使える持ち手があり、ドリアなどのオーブンを使用した家庭料理はもちろん、アウトドアでも活躍します。持ち手が穴空きタイプなので、引っ掛けて直火にかけるなどでも使用できます。素材への火の当たりが柔らかく、料理にムラなく火が通ります。調理してそのまま食卓に出しても、見た目がおしゃれなだけでなく熱々のままお料理が食べられます。
今回のドリアやグラタンなどのオーブン料理の他、すき焼き鍋としても、ダッチオーブンとしても使えます。鉄製の鍋は使いこむほどに味が出るのも魅力の一つです。使用後は、洗剤をなるべく使わずにたわしとぬるま湯で汚れを落とし、火にかけて乾かします。十分に乾かすことによってサビの発生を防ぎます。仕上げには、サラダ油やオリーブオイルなどの食用油を塗って馴染ませましょう。

ソースから作る!本格ミートドリアレシピ

茅乃舎 野菜だし

「日本の洋食」に合う洋風だしというコンセプトで開発された、茅乃舎の野菜だし。国産の玉ねぎ、にんにく、セロリ、人参、キャベツ、海塩を使用し、あっさりとした味わいの中に深い旨みとコクがあるのが特徴です。
こちらの野菜だしは、だしパックに入っています。煮出してスープとして使うのは最もオーソドックスですが、今回は出汁パックを破り直接材料に混ぜ、調味料として使用してみました。野菜を赤ワインで煮込んだミートソースに、さらに深みが出て野菜の旨味を引き出します。

RELATION関連した記事

他のパーティー料理

content-excerpt.php content-excerpt.php

変わり種の具でアレンジたこ焼き

大阪名物・たこ焼きを、変わり種の材料で洋風にアレンジ♪お子さんも大好きな具、えびとチーズの組み合わせに、トマトを加えて旨味もプラス。たこ焼きパーティー向けのレシピをお探しならぜひ、お試しください。

content-excerpt.php

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

上質な羽後牛のステーキ用ランボソを、ローストビーフにアレンジ!ランボソは、ランプ肉の中でも希少な部位。ブロック肉よりも火が通りやすく、フライパンでお手軽に、しっとりとしたランボソローストビーフが作れます。赤ワインを使ったソースは、赤身肉の旨味をぐっと引き立てます。おもてなしやパーティーなど、ここぞというシチュエーションで、ぜひ。

他のごはんもの料理

content-excerpt.php

野菜たっぷり!スパム入り温玉カレーチャーハン

角切りにしたスパムとたっぷりの野菜を、ワンプレートで食べられるチャーハンに仕上げました。カラフルな野菜を使って彩りも鮮やかな、カレーと温玉の変わり種チャーハンです。マイルドな味わいの温玉とチーズのトッピングは、しょっぱいスパムとの相性もGOOD!そのまま食卓に出せる、ホットプレートの調理がおすすめです。

content-excerpt.php

BRUNOで作る!ころんとかわいいパーティーおにぎり

日本の代表的な家庭料理の一つ、おにぎり。小さなお子さんから大人まで、おにぎりは万人に愛されるカジュアルな食べ物です。そんなおにぎりを、パーティーの主役にしてみませんか?たこ焼きプレートで焼きおにぎりを作ると、ライブ感も楽しめます。小さめサイズのころんとした可愛いおにぎりとともに、パーティーを盛り上げましょう!

content-excerpt.php

ごろっと大胆がGOOD!なすのミートソースドリア

大きめの乱切りにしたなすのごろっとした食感が楽しい、ジューシーなドリアです。ミートソースは市販のものでも代用可能ですが、トマト缶があればフライパンで手作りするのも簡単です!大皿にどんと作って焼き上げれば、おもてなしやパーティーにも。

他のおしゃれ料理

content-excerpt.php

ほろっと柔らかい大人の味わい。羽後和牛ヒレの赤ワイン煮

じっくりとていねいに煮込み料理を作りたくなるシチュエーションにぴったり♪ 特選牛ヒレ肉を贅沢に使用し、フレッシュトマト、赤ワインとともに煮込みました。記念日やお誕生日のお祝い、クリスマスなど、ここぞという日のメニューにどうぞ。

content-excerpt.php content-excerpt.php

特集記事

関連記事はまだありません。

オススメの記事一覧

content-excerpt.php

野菜たっぷり!スパム入り温玉カレーチャーハン

角切りにしたスパムとたっぷりの野菜を、ワンプレートで食べられるチャーハンに仕上げました。カラフルな野菜を使って彩りも鮮やかな、カレーと温玉の変わり種チャーハンです。マイルドな味わいの温玉とチーズのトッピングは、しょっぱいスパムとの相性もGOOD!そのまま食卓に出せる、ホットプレートの調理がおすすめです。

content-excerpt.php

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

上質な羽後牛のステーキ用ランボソを、ローストビーフにアレンジ!ランボソは、ランプ肉の中でも希少な部位。ブロック肉よりも火が通りやすく、フライパンでお手軽に、しっとりとしたランボソローストビーフが作れます。赤ワインを使ったソースは、赤身肉の旨味をぐっと引き立てます。おもてなしやパーティーなど、ここぞというシチュエーションで、ぜひ。

content-excerpt.php content-excerpt.php

大人のおつまみにも。変わり種の材料で作るたこ焼き

たこ焼きの具と言えば、定番の材料はやっぱりたこ。今回は変わり種の具に、自然の恵みと厳しい環境で育った北海道 厚岸産の「生牡蠣」をセレクトしました!生牡蠣を材料に使ったたこ焼き(牡蠣焼き・!?)は、とても贅沢な味わい。大人のおつまみにもぴったりです。具のアレンジをお楽しみください♪

content-excerpt.php

曲げわっぱの詰め方を解説!ランプ肉のローストビーフお弁当

上質な羽後牛のランプ肉を、簡単に作れるローストビーフに仕上げました。ローストビーフを使った、見映えのよいお弁当は行楽やピクニックにもぴったり♪彩りよく盛り付けると、駅弁のような豪華なお弁当に。ランプ肉の柔らかさを十分に感じられるローストビーフ弁当、ぜひお試しください。

content-excerpt.php

変わり種の具でアレンジたこ焼き

大阪名物・たこ焼きを、変わり種の材料で洋風にアレンジ♪お子さんも大好きな具、えびとチーズの組み合わせに、トマトを加えて旨味もプラス。たこ焼きパーティー向けのレシピをお探しならぜひ、お試しください。

content-excerpt.php

持ち寄りパーティーの華になる!具沢山の主役おにぎり

運動会やピクニック、お弁当で定番のおにぎりを、パーティー向けにかわいくおしゃれにアレンジ!見た目が華やかになるだけでなく、大きめの具をたっぷりと混ぜ込んでいるので栄養バランスも◎。パーティーの主役になる、おにぎりレシピです。

content-excerpt.php

パーティー向けのご飯にはこれ!見栄えもGOODな手まり寿司

ころんとした形が可愛い「手まり寿司」。SNSやお店でも見かけることがある手まり寿司は、お家でも簡単に作れるんです。フィンガーフードにもなるので、パーティー料理のご飯ものにもぴったり!彩り豊かで、華やかな食卓になります。ひな祭りやママ会など、可愛いご飯をお披露目したいシーンにも◎

content-excerpt.php

BRUNOで作る!ころんとかわいいパーティーおにぎり

日本の代表的な家庭料理の一つ、おにぎり。小さなお子さんから大人まで、おにぎりは万人に愛されるカジュアルな食べ物です。そんなおにぎりを、パーティーの主役にしてみませんか?たこ焼きプレートで焼きおにぎりを作ると、ライブ感も楽しめます。小さめサイズのころんとした可愛いおにぎりとともに、パーティーを盛り上げましょう!

content-excerpt.php

ほろっと柔らかい大人の味わい。羽後和牛ヒレの赤ワイン煮

じっくりとていねいに煮込み料理を作りたくなるシチュエーションにぴったり♪ 特選牛ヒレ肉を贅沢に使用し、フレッシュトマト、赤ワインとともに煮込みました。記念日やお誕生日のお祝い、クリスマスなど、ここぞという日のメニューにどうぞ。