content.php

北海道のご当地グルメ、「十勝帯広豚丼」を簡単に再現できるレシピです。帯広豚丼の特徴は、香ばしいタレを絡めてこんがりと焼き上げたカリカリの豚肉。見た目にも食欲をそそる帯広豚丼、ぜひ作ってみてください。

RECIPE十勝帯広豚丼のレシピ

材料

material

(2人分)

・ご飯…適量
・豚ロース薄切り肉…200g
・小麦粉…小さじ2
・グリーンピース…適量
・いりごま(白)…適量
・薬味ネギまたは白髪ねぎ…適量
・ごま油…大さじ1

タレ材料
・濃口しょうゆ…大さじ3
・みりん…大さじ2
・砂糖…大さじ2
・料理酒…大さじ2
・水…100cc

FLOW料理の流れ

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

豚ロース薄切り肉を、3~4等分に切ります。

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

切った豚ロース薄切り肉の表面に、小麦粉をまんべんなくまぶします。

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

フライパンにごま油を熱し、強火で豚肉を焼いていきます。両面にこんがりと焼き目がつくように、強火で一気に焼き上げます。

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

両面に焼き目がついてカリッとしてきたら、一旦フライパンから取り出します。

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

同じフライパンを中火にかけ、水以外のソース材料を入れます。沸騰して焦げた香りが出たら、フライパンを軽く揺すりながらどろっとするまで煮詰めます。

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

ソースがどろっとしたら、水50ccを加え、もう一度沸騰させて焦がし、さらに煮詰めます。さらにこの工程を、水を50ccずつ加えて2回繰り返します。

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

タレが煮詰まったら、取り出しておいた豚肉をフライパンに戻し、強火で一気にタレと絡めます。タレが少し残るくらいまで絡められたら火を止めます。

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

丼にご飯を盛り、豚肉を盛りつけます。

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

トッピングにグリーンピースやネギ、いりごまを加えて出来上がりです。

帯広豚丼を美味しく作るためのポイント

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

小麦粉は豚肉を焼く直前にまぶす

今回、スーパーなどでも手に入りやすい「豚ロース薄切り肉」を使った帯広豚丼の再現レシピをご紹介しました。こちらのレシピでは、工程2で小麦粉をまぶすというステップがあります。これは、小麦粉を豚肉の表面にまぶすことによって、豚肉の水分を飛びにくくし、柔らかく焼き上げられるという効果があります。また、お肉そのままよりもタレが絡みやすくなります。こんがりとしたタレが特徴の帯広豚丼の再現レシピを作る際には、小麦粉をまぶすひと手間をかけてみてください。

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

タレは焦がしながら煮詰める

帯広豚丼レシピで最も重要と言える、タレ作り。このタレを作るとき、「焦がした香り」が出ているかどうかを気にかけてみてください。鉄のフライパンでこんがりと焦がしながら煮詰めたタレは、本場の豚丼の味により近づきます。

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

水を少量に分けて入れる

タレを煮詰める際に、150ccの水を3回に分けて入れます。これは、少量ずつ入れることによってタレを煮詰めやすく、どろっとしたタレに仕上げやすくするためです。少々面倒に感じるかもしれませんが、風味のよいタレを作るためには欠かせない工程です。

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

フライパンは鉄製がおすすめ

豚肉をカリッと焼き上げたり、タレを香りよく焦がすには、鉄製のフライパンがおすすめです。熱が均等に伝わりやすく、また水を入れても温度が下がりにくいので、どろっとしたタレに仕上げられます。

本場の帯広豚丼を食べに行きたい方はこちら

自宅での再現レシピもいいけど、やっぱり一度は本場の帯広豚丼を食べてみたい!という方は、こちらをご覧ください♪こちらでは、北海道・札幌駅周辺で豚丼が食べられるお店を厳選してご紹介しています。本場の帯広豚丼を食べてみると、レシピの参考になるかもしれませんね。札幌周辺を訪れる機会があれば、ぜひ帯広豚丼を食べに足を運んでみてください。

札幌の駅周辺で、ご当地グルメ「豚丼」が食べられるお店10選!

ITEMS今回使用した調味料・食器・グッズ

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

松助窯 変型どんぶり

シンプルながらも味があり、温かみのある手触りがしっくりと馴染む、「松助窯 変型どんぶり」。 松助窯の器は、ミカゲ粗陶土から丁寧に空気を抜き、たたらにしててロクロで成型され、出来上がる器の原型となります。この作業は熟練の職人さんならではのもので、その器の表情がここで決まります。さらに器の色合いの元になる釉薬をかけ、高温で窯で焼成します。すると鮮やかな色合いと温かみのある素材の質感が生まれ、こだわりの松助窯の器が出来上がります。焼き上げる際の窯の温度などによって、一つずつ異なった表情・質感に焼きあがります。
程よい厚みのあるこちらのどんぶりは、ご飯ものがメインのレシピにも最適です!帯広豚丼のこんがりとした色味と引き立てあい、和風の食卓に。和食はもちろん、スープパスタやカレーなど、洋食にも馴染みます。普段使いにもおすすめのどんぶりです。

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

DULTON GLUTTON Round pan

カリカリに豚肉を焼き上げるなら、こちらのラウンドパンもおすすめです。ラウンドパンとは、鋳鉄でできた円形の厚手フライパンです。持ち手が穴空きタイプなので、引っ掛けて直火にかけるなどでも使用できます。素材への火の当たりが柔らかく、料理にムラなく火が通ります。調理してそのまま食卓に出しても、見た目がおしゃれなだけでなく、熱々のままお料理が食べられます。鉄製の鍋は使いこむほどに味が出るのも魅力の一つです。使用後は、洗剤をなるべく使わずにたわしとぬるま湯で汚れを落とし、火にかけて乾かします。十分に乾かすことによってサビの発生を防ぎます。仕上げには、サラダ油やオリーブオイルなどの食用油を塗って馴染ませましょう。
鋳鉄のフライパンは、温度がゆっくりと全体に均等に伝わります。お肉を一気に焼き上げ、帯広豚丼のカリッとした食感が再現できますよ。

RELATION関連した記事

他の一人暮らし料理

関連記事はまだありません。

他の和食料理

content-excerpt.php

大人のおつまみにも。変わり種の材料で作るたこ焼き

たこ焼きの具と言えば、定番の材料はやっぱりたこ。今回は変わり種の具に、自然の恵みと厳しい環境で育った北海道 厚岸産の「生牡蠣」をセレクトしました!生牡蠣を材料に使ったたこ焼き(牡蠣焼き・!?)は、とても贅沢な味わい。大人のおつまみにもぴったりです。具のアレンジをお楽しみください♪

content-excerpt.php

本場・大阪のたこ焼き!人気店の粉を使った再現レシピ

大阪を代表するご当地グルメの「たこ焼き」。本場・大阪で地元の方からも愛されるたこ焼きの人気店のレシピを再現しました!今回は、基本の材料を使った王道なたこ焼きを美味しく作るコツを、大阪出身ライターがレシピで詳しく解説します。

content-excerpt.php

パーティー向けのご飯にはこれ!見栄えもGOODな手まり寿司

ころんとした形が可愛い「手まり寿司」。SNSやお店でも見かけることがある手まり寿司は、お家でも簡単に作れるんです。フィンガーフードにもなるので、パーティー料理のご飯ものにもぴったり!彩り豊かで、華やかな食卓になります。ひな祭りやママ会など、可愛いご飯をお披露目したいシーンにも◎

他の豪快料理

content-excerpt.php

変わり種の具でアレンジたこ焼き

大阪名物・たこ焼きを、変わり種の材料で洋風にアレンジ♪お子さんも大好きな具、えびとチーズの組み合わせに、トマトを加えて旨味もプラス。たこ焼きパーティー向けのレシピをお探しならぜひ、お試しください。

content-excerpt.php

ボリューム満点!スパムとじゃがいものサンドイッチ

沖縄のメジャー食材、スパムを使ったサンドイッチです。炒めたスパムを混ぜ込んだじゃがいものサラダは、スパムの塩分でコクがプラスされ、満足感のある一品に。お弁当にもオススメのサンドイッチレシピです!

content-excerpt.php

特集記事

関連記事はまだありません。

オススメの記事一覧

content-excerpt.php

持ち寄りパーティーの華になる!具沢山の主役おにぎり

運動会やピクニック、お弁当で定番のおにぎりを、パーティー向けにかわいくおしゃれにアレンジ!見た目が華やかになるだけでなく、大きめの具をたっぷりと混ぜ込んでいるので栄養バランスも◎。パーティーの主役になる、おにぎりレシピです。

content-excerpt.php

大人のおつまみにも。変わり種の材料で作るたこ焼き

たこ焼きの具と言えば、定番の材料はやっぱりたこ。今回は変わり種の具に、自然の恵みと厳しい環境で育った北海道 厚岸産の「生牡蠣」をセレクトしました!生牡蠣を材料に使ったたこ焼き(牡蠣焼き・!?)は、とても贅沢な味わい。大人のおつまみにもぴったりです。具のアレンジをお楽しみください♪

content-excerpt.php

ほろっと柔らかい大人の味わい。羽後和牛ヒレの赤ワイン煮

じっくりとていねいに煮込み料理を作りたくなるシチュエーションにぴったり♪ 特選牛ヒレ肉を贅沢に使用し、フレッシュトマト、赤ワインとともに煮込みました。記念日やお誕生日のお祝い、クリスマスなど、ここぞという日のメニューにどうぞ。

content-excerpt.php

ボリューム満点!スパムとじゃがいものサンドイッチ

沖縄のメジャー食材、スパムを使ったサンドイッチです。炒めたスパムを混ぜ込んだじゃがいものサラダは、スパムの塩分でコクがプラスされ、満足感のある一品に。お弁当にもオススメのサンドイッチレシピです!

content-excerpt.php

野菜たっぷり!スパム入り温玉カレーチャーハン

角切りにしたスパムとたっぷりの野菜を、ワンプレートで食べられるチャーハンに仕上げました。カラフルな野菜を使って彩りも鮮やかな、カレーと温玉の変わり種チャーハンです。マイルドな味わいの温玉とチーズのトッピングは、しょっぱいスパムとの相性もGOOD!そのまま食卓に出せる、ホットプレートの調理がおすすめです。

content-excerpt.php content-excerpt.php

ソースから作る!本格ミートドリアレシピ

洋食の定番、ミートドリア。ご飯ものなのでお腹も満たされ、また焼いてそのまま食卓に並べられるので見た目の豪華さも感じられる料理です。手軽に作れるキットなどもありますが、記念日や大切な日のお祝い、おもてなしなどに、ミートソースとホワイトソースを2層に重ねた本格ドリアを作ってみませんか?

content-excerpt.php content-excerpt.php

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

上質な羽後牛のステーキ用ランボソを、ローストビーフにアレンジ!ランボソは、ランプ肉の中でも希少な部位。ブロック肉よりも火が通りやすく、フライパンでお手軽に、しっとりとしたランボソローストビーフが作れます。赤ワインを使ったソースは、赤身肉の旨味をぐっと引き立てます。おもてなしやパーティーなど、ここぞというシチュエーションで、ぜひ。

content-excerpt.php

パーティーにも映える鶏肉レシピ!チキンソテーのトマトソース添え

パーティーでのメイン料理にもぴったりな、チキンソテー。普段からよく使われる鶏肉を使ったパーティー向けのおもてなしレシピです。トマトソースには野菜をたっぷり入れて、彩りも栄養もばっちり◎トマトソースは、お好みの野菜を追加するとアレンジの幅が広がります。より香味を出すなら玉ねぎ、セロリなど。お子様にも食べやすい甘いかぼちゃや、ピーマンで彩りと栄養をプラスするなど、自由自在にアレンジができます。