content.php

上質な羽後牛のステーキ用ランボソを、ローストビーフにアレンジ!ランボソは、ランプ肉の中でも希少な部位。ブロック肉よりも火が通りやすく、フライパンでお手軽に、しっとりとしたランボソローストビーフが作れます。赤ワインを使ったソースは、赤身肉の旨味をぐっと引き立てます。おもてなしやパーティーなど、ここぞというシチュエーションで、ぜひ。

RECIPEランボソローストビーフのレシピ

材料

material

・牛肉(ランボソ)…ステーキ用 1枚
・塩胡椒…少々
・オリーブオイル…大さじ1
・にんにく(ロースト)…適量

ソース
・にんにく(すりおろし)…小さじ1
・赤ワイン…50cc
・醤油…50cc
・水…50cc
・りんごのすりおろし…小さじ1
・レモンの絞り汁…小さじ1
・タイム…適量

FLOW料理の流れ

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

ランボソ肉は調理の30分~1時間前に冷蔵庫から取り出して、常温に戻しておきます。

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

はじめにソースを作ります。フライパンを強火で熱し、赤ワインを入れてアルコールを飛ばします。アルコールの匂いがなくなり、全体量がおおよそ半分になったらアルコールが飛んだと言えます。弱火にし、タイム以外の残りのソース材料を入れてひと煮立ちさせます。出来上がったソースは、一旦フライパンから取り出します。

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

常温に戻したランボソ肉に、フォークで数カ所穴を開け、塩胡椒、ローストしたにんにくをふってすりこみ、なじませます。

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

フライパンにオリーブオイルを入れて強火で熱します。フライパンに煙が出るくらいまで熱したら、ランボソ肉を入れて焼き始めます。焼き目がついたら別の面を焼く、という工程を繰り返します。

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

各面に軽く焼き目をつけたら弱火にし、2で作っておいたソースの半量を入れ、ざっと煮立たせてランボソ肉にソースを絡め、火を止めます。

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

ソースが絡んだランボソ肉を一旦フライパンから取り出してタイムをふり、アルミホイルで包みます。肉汁が逃げないよう、二重で包みましょう。

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

アルミホイルで包んだランボソ肉をフライパンに戻し、蓋をします。そのまま20分ほど休ませ、余熱で中まで火を通します。

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

食べやすい薄さにスライスし、残りのソースをかけて出来上がりです。

ここが違う!ローストビーフとレアステーキ

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

火の通し方

どちらも赤身が美しいお肉料理、ローストビーフとレアステーキ。その違いをご存知でしょうか。
まず一つめの違いは、火の通し方です。今回ご紹介したランボソローストビーフは、低温でランボソ肉の中心部までじっくりと火を通します。対してレアステーキは表面のみを焼き付けて、中まで火を通しません。よって、ローストビーフはしっとりとした食感、レアステーキはジューシーなシズル感を楽しめる料理と言えます。

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

調理方法

二つめの違いは、その調理方法です。今回はステーキ肉を用いたローストビーフのレシピなので、フライパンで調理しましたが、一般的にローストビーフはオーブンで調理することが多いです。オーブンを使い、牛肉を蒸し焼きにする調理法を「ロティ」と呼びます。低温でじっくりと火を通し、肉汁の旨味を閉じ込めます。
また、フライパンや鉄板で牛肉を焼く調理方法を「ポワレ」と呼びます。これは、フライパンに牛肉を入れ、蓋をして蒸し焼きにする調理法のことを指します。蓋をせずに焼く調理法は「ソテー」と呼びますが、ステーキはポワレで調理されることが多いようです。

ランボソ肉の特徴

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

ランボソ肉とは、牛肉のお尻の部分、ランプ肉の一部です。ランボソは脂身が少なく、さっぱりとした赤身の旨味を味わえる部位で、ローストビーフやステーキに適しています。一度食べると、そのクセの少なさ、食べやすさに感動する方も。ステーキ肉を使用したランボソローストビーフはとても柔らかく、きめ細かい肉質を十分に味わえます。ランボソローストビーフで、赤身の美味しさをぜひ堪能してみてください。

ITEMS今回使用した調味料・食器・グッズ

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

羽後和牛特上ランボソ

秋田県南部、羽後町のブランド牛をご存知でしょうか。羽後牛は、循環型で丁寧に飼育された黒毛和牛です。循環型とは、稲藁や米ぬかなどを配合した無添加の飼料で牛を育て、反対にでた堆肥を稲作に利用することにより資源を循環させるという農法です。この循環型の農畜は、米どころである秋田県ならではのこと。出来るだけ天然の飼料で飼育するので、人にも安全かつ、上質な黒毛和牛が育てられます。
今回使用したのはその羽後牛の、ランボソの部位。ランボソはランプ肉の一部で、脂身が少なく、あっさりとした赤身が味わえるのが特徴です。一般的に、ローストビーフはブロック肉を用いることが多いですが、今回はステーキ肉でお手軽に作れるようアレンジしました。

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

DULTON GLUTTON Round pan

ラウンドパンとは、鋳鉄でできた円形の厚手フライパンです。持ち手が穴空きタイプなので、引っ掛けて直火にかけるなどでも使用できます。素材への火の当たりが柔らかく、料理にムラなく火が通ります。鉄製の鍋は使いこむほどに味が出るのも魅力の一つ。使用後は、洗剤をなるべく使わずにたわしとぬるま湯で汚れを落とし、火にかけて乾かします。十分に乾かすことによってサビの発生を防ぎます。仕上げには、サラダ油やオリーブオイルなどの食用油を塗って馴染ませましょう。
今回のレシピでは、ランボソローストビーフの表面を短時間で焼き上げ、ホイルで包んで余熱をじっくりと通しました。フライパンでの加熱時、一気に火が通り過ぎてしまわないよう、一瞬で焼き上げられる「鋳鉄」がおすすめです。

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

SyuRo/せっ器 plate L ホワイト

せっ器は、ヨーロッパではストーンウェアと呼ばれる種類の食器です。磁器や陶器ではなく、石のような鉄のような、硬い素材です。粘土に鉄分が多く含まれる三重県四日市の土を使用したこちらのプレートは、焼き締めて吸水性の少ないプレートに仕上がっています。急須などに使われることの多い素材でできたプレートは、シンプルながらも表情があり、マットな質感がお料理の彩りや素材感を引き立てます。
ランボソローストビーフの、きめ細やかな肉質を引き立たせるよう、シンプルなこちらのプレートと合わせました。大きめのプレートに余白を持たせながら盛り付けると、上品なスタイリングになります。

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

ヴェリーノ カトラリー

マットな黒の質感がおしゃれな、ヴェリーノのカトラリーシリーズ。ヴェリーノのカトラリーはカジュアルなお値段ながらも特別感のあるテーブルコーディネートを演出できるアイテムです。例えば、友人を招いてのホームパーティーや、自分一人のためにいつもより手をかけて作ったお料理。そんな時に、ヴェリーノのカトラリーでテーブルコーディネートが華やかになります。
シンプルな白のプレートのマット感と合わせて、引き締めカラーのブラックを選びました。ランボソローストビーフの鮮やかさとのコントラストも◎。

ステーキ肉で簡単・本格。ランボソローストビーフ

MACオリジナル万能包丁

軽くて使いやすい「MACオリジナル万能包丁」。刃先が丸くなっているで安心・安全ながらも、先端まで刃がついているので細かい細工切りにも最適です!包丁の刃に穴が空いているのは、切り離れを良くするためだそうです。
包丁の切れ味がとても良く、力を入れることなくすっとカットすることができます。ランボソローストビーフを美しくスライスするためには、その道具選びも重要です。包丁の町と言われる大阪・堺で、職人さんが丁寧に作られたMAC包丁。その切れ味を、ぜひ一度手にとって体感してみてくださいね。

RELATION関連した記事

他のパーティー料理

content-excerpt.php

BRUNOで作る!ころんとかわいいパーティーおにぎり

日本の代表的な家庭料理の一つ、おにぎり。小さなお子さんから大人まで、おにぎりは万人に愛されるカジュアルな食べ物です。そんなおにぎりを、パーティーの主役にしてみませんか?たこ焼きプレートで焼きおにぎりを作ると、ライブ感も楽しめます。小さめサイズのころんとした可愛いおにぎりとともに、パーティーを盛り上げましょう!

content-excerpt.php

もちもちカリカリでパーティーにもぴったり!じゃがいもガレット

じゃがいも、ご飯、チーズというシンプルな材料で作る、もちもち食感のガレットです。チーズでカリカリに焼き上げると香ばしく、おつまみやパーティーフードにもぴったり!簡単に作れてお腹にもたまる、嬉しい一品です。隠し味に野菜だしを使用しているので、深みのある味わいが楽しめます。

content-excerpt.php

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

上質な羽後和牛のランプ肉を、鉄のフライパンで焼いてステーキに。脂身が少ないランプは、あっさりとしていて食べやすい部位です。飴色になるまでじっくりと炒めた玉ねぎが美味しい濃厚な和風ソースは、ランプ肉との相性もGOOD♪見た目にも華やかな、とっておきのメインディッシュに。

他の洋食(イタリアン、フレンチ、アメリカン)料理

content-excerpt.php

もちもちカリカリでパーティーにもぴったり!じゃがいもガレット

じゃがいも、ご飯、チーズというシンプルな材料で作る、もちもち食感のガレットです。チーズでカリカリに焼き上げると香ばしく、おつまみやパーティーフードにもぴったり!簡単に作れてお腹にもたまる、嬉しい一品です。隠し味に野菜だしを使用しているので、深みのある味わいが楽しめます。

content-excerpt.php

ボリューム満点!スパムとじゃがいものサンドイッチ

沖縄のメジャー食材、スパムを使ったサンドイッチです。炒めたスパムを混ぜ込んだじゃがいものサラダは、スパムの塩分でコクがプラスされ、満足感のある一品に。お弁当にもオススメのサンドイッチレシピです!

content-excerpt.php

懐かしい味。昔ながらの定食屋さん風牛ヒレカツ

厚切りの牛ヒレ肉に衣をつけて、サクサクに揚げました。サクサク食感の衣に、ミディアムレアのお肉の柔らかさとジューシさがどこか懐かしい、そんなレシピです。こちらのレシピでは、お肉そのものの旨みを活かすため、あっさりとした柚子胡椒ソースをご提案します♪柚子胡椒ソースには大根おろしを加え、和食ならではの懐かしい味を演出します。

他のおしゃれ料理

content-excerpt.php content-excerpt.php

ボリューム満点!スパムとじゃがいものサンドイッチ

沖縄のメジャー食材、スパムを使ったサンドイッチです。炒めたスパムを混ぜ込んだじゃがいものサラダは、スパムの塩分でコクがプラスされ、満足感のある一品に。お弁当にもオススメのサンドイッチレシピです!

content-excerpt.php

BRUNOで作る!ころんとかわいいパーティーおにぎり

日本の代表的な家庭料理の一つ、おにぎり。小さなお子さんから大人まで、おにぎりは万人に愛されるカジュアルな食べ物です。そんなおにぎりを、パーティーの主役にしてみませんか?たこ焼きプレートで焼きおにぎりを作ると、ライブ感も楽しめます。小さめサイズのころんとした可愛いおにぎりとともに、パーティーを盛り上げましょう!

特集記事

関連記事はまだありません。

オススメの記事一覧

content-excerpt.php

野菜たっぷり!スパム入り温玉カレーチャーハン

角切りにしたスパムとたっぷりの野菜を、ワンプレートで食べられるチャーハンに仕上げました。カラフルな野菜を使って彩りも鮮やかな、カレーと温玉の変わり種チャーハンです。マイルドな味わいの温玉とチーズのトッピングは、しょっぱいスパムとの相性もGOOD!そのまま食卓に出せる、ホットプレートの調理がおすすめです。

content-excerpt.php

ボリューム満点!スパムとじゃがいものサンドイッチ

沖縄のメジャー食材、スパムを使ったサンドイッチです。炒めたスパムを混ぜ込んだじゃがいものサラダは、スパムの塩分でコクがプラスされ、満足感のある一品に。お弁当にもオススメのサンドイッチレシピです!

content-excerpt.php content-excerpt.php

懐かしい味。昔ながらの定食屋さん風牛ヒレカツ

厚切りの牛ヒレ肉に衣をつけて、サクサクに揚げました。サクサク食感の衣に、ミディアムレアのお肉の柔らかさとジューシさがどこか懐かしい、そんなレシピです。こちらのレシピでは、お肉そのものの旨みを活かすため、あっさりとした柚子胡椒ソースをご提案します♪柚子胡椒ソースには大根おろしを加え、和食ならではの懐かしい味を演出します。

content-excerpt.php

あっさり食べられる。羽後牛ヒレ肉のレモンソースステーキ

上質な羽後和牛のヒレ肉を、鉄のフライパンで焼いてステーキに。おもてなしの日のランチや、お祝いディナーなど、大切な日のメニューにぴったり!お肉そのものの旨味を活かしてあっさりといただける、レモンソースをご提案します♪メインのステーキをあっさり味にすると、他のお料理とよく引き立て合います。

content-excerpt.php

ご当地グルメを自宅で!帯広豚丼再現レシピ

北海道のご当地グルメ、「十勝帯広豚丼」を簡単に再現できるレシピです。帯広豚丼の特徴は、香ばしいタレを絡めてこんがりと焼き上げたカリカリの豚肉。見た目にも食欲をそそる帯広豚丼、ぜひ作ってみてください。

content-excerpt.php

パーティー向けのご飯にはこれ!見栄えもGOODな手まり寿司

ころんとした形が可愛い「手まり寿司」。SNSやお店でも見かけることがある手まり寿司は、お家でも簡単に作れるんです。フィンガーフードにもなるので、パーティー料理のご飯ものにもぴったり!彩り豊かで、華やかな食卓になります。ひな祭りやママ会など、可愛いご飯をお披露目したいシーンにも◎

content-excerpt.php content-excerpt.php

変わり種の具でアレンジたこ焼き

大阪名物・たこ焼きを、変わり種の材料で洋風にアレンジ♪お子さんも大好きな具、えびとチーズの組み合わせに、トマトを加えて旨味もプラス。たこ焼きパーティー向けのレシピをお探しならぜひ、お試しください。

content-excerpt.php

ソースから作る!本格ミートドリアレシピ

洋食の定番、ミートドリア。ご飯ものなのでお腹も満たされ、また焼いてそのまま食卓に並べられるので見た目の豪華さも感じられる料理です。手軽に作れるキットなどもありますが、記念日や大切な日のお祝い、おもてなしなどに、ミートソースとホワイトソースを2層に重ねた本格ドリアを作ってみませんか?