content.php

上質な羽後和牛のランプ肉を、鉄のフライパンで焼いてステーキに。脂身が少ないランプは、あっさりとしていて食べやすい部位です。飴色になるまでじっくりと炒めた玉ねぎが美味しい濃厚な和風ソースは、ランプ肉との相性もGOOD♪見た目にも華やかな、とっておきのメインディッシュに。

RECIPE牛ランプ肉のステーキのレシピ

材料

material

・牛肉(ランプ)…ステーキ用 1枚
・塩胡椒…少々
・牛脂…適量

ソース材料
・玉ねぎ…1/4個
・にんにく…1片
・無塩バター…10g
・醤油…大さじ1
・みりん…大さじ1
・すりおろしりんご…大さじ1
・塩…少々

FLOW料理の流れ

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

ランプ肉は焼き始める30分くらい前に冷蔵庫から出し、常温に戻しておきます。ランプ肉を軽く包丁の背で叩き、包丁の刃先で、白い筋を切っておきます。

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

ソースの下準備をします。にんにくと玉ねぎはそれぞれすりおろします。玉ねぎが小さくなってすりおろしにくくなってきたら、細かめのみじん切りにします。無塩バターを鍋に溶かし、玉ねぎを炒めます。塩を少々ふり、飴色になるくらいまで弱火でじっくりと炒め、鍋から取り出しておきます。

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

キッチンペーパーでランプ肉の表面の水分を軽く拭き取り、塩胡椒をふって、なじませます。

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

ランプ肉を焼いていきます。牛脂をフライパンに入れて溶かし、強火で熱します。

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

フライパンに少し煙が出るくらいまで熱したら、ランプ肉をフライパンに入れて焼き始めます。片面に焼き目がついたら裏返し、弱火にします。今回はミディアムレアで仕上げるので、両面それぞれ約40秒焼いたら取り出します。

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

アルミホイルに包んで約10分休ませます。

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

ランプ肉を焼いたフライパンをもう一度火にかけ、醤油、みりん、にんにく、すりおろしりんごを入れて煮立たせます。煮立ってきたら飴色に炒めた玉ねぎを入れ、さっと全体を混ぜてソースの完成です。

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

休ませておいたランプ肉を食べやすい大きさにカットし、ソースを添えてできあがりです。

「飴色の玉ねぎ」ソースの秘密

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

そもそも飴色ってどれくらい炒める?

じっくりと炒めた玉ねぎが透き通り、透明から少しオレンジ~茶色がかった色がついてくるくらいを「飴色」と呼ばれることが一般的です。加熱で「メイラード反応」が起き、これによって透明から飴色に色を変えるのです。これは玉ねぎに含まれる糖質が化学反応を起こし、甘みが強く感じられるようになります。色がつき始めてからは炒め過ぎてしまうと、苦味も出てきてしまうので、炒め過ぎには注意が必要です。

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

ソースにコクがプラスされる

飴色になるまでじっくりと炒めた玉ねぎは、優しい甘みがあり、ソースにコクと深みを持たせる役割を担います。また、じっくりと飴色になるまで炒めた玉ねぎは、生の状態よりもかさが減ります。そのため、ソースにたくさんの玉ねぎを使うことができるようになり、玉ねぎの栄養成分をたっぷり摂取でき、より多くの甘みが感じられるのです。

牛ランプ肉のステーキはあっさり食べられる

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

ランプ肉とはこんな部位

牛肉の部位の一つ「ランプ」は、牛の腰からおしりにかけての部位です。柔らかく風味も良いので、どんな料理にも使いやすいのが特徴です。脂肪が少ないので、ローストビーフやステーキに使うと、あっさりとしていながらジューシーで、美味しくいただけます。

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

「ランボソ」は特にステーキに適している

今回使用したのは、ランプ肉のなかでも特に柔らかい部位の「ランボソ」です。脂が少なく、ジューシーでありながら食べやすい部位で、ステーキやローストビーフに適しています。程よく入ったサシと細やかなその肉質は、さっぱりとしたおいしさ。赤身の美味しさがしっかりと味わえるランボソ、ぜひ一度お試しください♪

牛ランプ肉のステーキをミディアムレアに仕上げるコツ

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

ランプ肉は冷蔵庫から取り出して常温に戻す

冷蔵庫で保存されていた牛肉は、取り出したばかりの状態では冷たすぎます。牛肉を調理する際、加熱により表面と内側の温度差が大きくなってしまい、全体に火を通すのに時間がかかってしまいます。調理時間が長くなってしまうと、ミディアムレアやレアに仕上げることが難しくなってしまうだけではなく、牛肉の旨味や肉汁が逃げやすくなります。それらを防ぐため、調理を始める30分~1時間ほど前に冷蔵庫から取り出し、常温に戻しておくことが大事です。

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

フライパンをしっかり熱してから焼き始める

フライパンを熱し始めてすぐ、まだフライパンがあまり温まっていないうちにお肉を入れてしまうと、焼き目をつけるのに時間がかかってしまいます。ミディアムレアで仕上げるには、ランプ肉の表面を素早く焼き上げなくてはなりません。そのため、フライパンを空の状態で熱し、煙が出るくらいになってからランプ肉を入れて焼き始めましょう。ランプ肉をフライパンに入れ、両面に焼き目がついて弱火にしてからの焼き時間の目安は、レアで約20秒、ミディアムレアで約40秒、ウェルダンで約1分です。

ITEMS今回使用した調味料・食器・グッズ

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

羽後和牛特上ランボソ

秋田県南部、羽後町のブランド牛をご存知でしょうか。羽後牛は、循環型で丁寧に飼育された黒毛和牛です。循環型とは、稲藁や米ぬかなどを配合した無添加の飼料で牛を育て、反対にでた堆肥を稲作に利用することにより資源を循環させるという農法です。この循環型の農畜は、米どころである秋田県ならではのこと。出来るだけ天然の飼料で飼育するので、人にも安全かつ、上質な黒毛和牛が育てられます。
今回、ステーキに使用したのはその羽後和牛の、ランボソの部位。ランボソはランプ肉の一部で、脂身が少なく、あっさりとした赤身が味わえるのが特徴です。じっくりと炒めた、まろやかな玉ねぎソースとの相性も抜群!

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

DULTON GLUTTON Round pan

ラウンドパンとは、鋳鉄でできた円形の厚手フライパンです。持ち手が穴空きタイプなので、引っ掛けて直火にかけるなどでも使用できます。素材への火の当たりが柔らかく、料理にムラなく火が通ります。調理してそのまま食卓に出しても、見た目がおしゃれなだけでなく、熱々のままお料理が食べられます。鉄製の鍋は使いこむほどに味が出るのも魅力の一つです。使用後は、洗剤をなるべく使わずにたわしとぬるま湯で汚れを落とし、火にかけて乾かします。十分に乾かすことによってサビの発生を防ぎます。仕上げには、サラダ油やオリーブオイルなどの食用油を塗って馴染ませましょう。
鋳鉄のフライパンは、温度がゆっくりと全体に均等に伝わります。今回のようにステーキを焼く際にもムラなく火を通すことができます。鋳鉄は熱が下がりにくい素材なので、お肉を入れてもフライパン自体の温度が下がりにくく、表面を一瞬で焼くことができます。お店で食べるような美味しいステーキに仕上げるなら、この鋳鉄のフライパンが最適です。

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

Estmarcプレート パープル

「Estmarc」は、洗練されていながらも気取らずに使える食器ブランド。今回使用したのは、こちらのシャビーシックシリーズのパープルです。少しだけ立ち上がっているフチや、全体的に歪んだような形が特徴のプレートで、この独特の形が、手作りのような温もりや優しさを演出しています。プレートや食器類で珍しいパープルは、彩りが鮮やかな食材をより引き立てます。
お料理と食器のスタイリングのコツの一つに、「色味が似たもののチョイスする」ということがあります。今回のスタイリングでは、ミディアムレアのお肉の赤身やトマトソースの赤色に近い、暖色系のパープルを合わせました。

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

Natural blanc

カトラリー一つ一つが職人の手作りの、「Natural blanc カトラリー」。口当たりの優しい琺瑯と、手に持った時にすっとなじむ木製の持ち手が可愛らしいフォークです。琺瑯の明るい乳白色は、清潔感があり、食材の色を引き立てます。

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

ALUMINIUM PLANTS 箸置き

シャビーな雰囲気がおしゃれなこちらの箸置きは、カトラリーレストとしても使えます。ハーブをモチーフにデザインされていて、ちょっと変わったおしゃれさが食卓をさりげなく盛り上げるアクセントに。おもてなしのランチや、とっておきのディナーには、細部にもこだわりたいですね。

王道ソースでいただく。牛ランプ肉のステーキ

MACオリジナル万能包丁

軽くて使いやすい「MACオリジナル万能包丁」。刃先が丸くなっているで安心・安全ながらも、先端まで刃がついているので細かい細工切りにも最適です!包丁の刃に穴が空いているのは、切り離れを良くするためだそうです。今回、ミディアムレアで焼いたステーキを、美しくカットするのに使用しました。包丁の切れ味がとても良いので、ステーキ用の厚いランプ肉でも、力を入れることなくすっとカットすることができます。包丁の町と言われる大阪・堺で、職人さんが丁寧に作られたMAC包丁。その切れ味を、ぜひ一度手にとって体感してみてくださいね。

RELATION関連した記事

他のパーティー料理

content-excerpt.php

大人のおつまみにも。変わり種の材料で作るたこ焼き

たこ焼きの具と言えば、定番の材料はやっぱりたこ。今回は変わり種の具に、自然の恵みと厳しい環境で育った北海道 厚岸産の「生牡蠣」をセレクトしました!生牡蠣を材料に使ったたこ焼き(牡蠣焼き・!?)は、とても贅沢な味わい。大人のおつまみにもぴったりです。具のアレンジをお楽しみください♪

content-excerpt.php

パーティー向けのご飯にはこれ!見栄えもGOODな手まり寿司

ころんとした形が可愛い「手まり寿司」。SNSやお店でも見かけることがある手まり寿司は、お家でも簡単に作れるんです。フィンガーフードにもなるので、パーティー料理のご飯ものにもぴったり!彩り豊かで、華やかな食卓になります。ひな祭りやママ会など、可愛いご飯をお披露目したいシーンにも◎

content-excerpt.php

野菜たっぷり!スパム入り温玉カレーチャーハン

角切りにしたスパムとたっぷりの野菜を、ワンプレートで食べられるチャーハンに仕上げました。カラフルな野菜を使って彩りも鮮やかな、カレーと温玉の変わり種チャーハンです。マイルドな味わいの温玉とチーズのトッピングは、しょっぱいスパムとの相性もGOOD!そのまま食卓に出せる、ホットプレートの調理がおすすめです。

他の洋食(イタリアン、フレンチ、アメリカン)料理

content-excerpt.php

懐かしい味。昔ながらの定食屋さん風牛ヒレカツ

厚切りの牛ヒレ肉に衣をつけて、サクサクに揚げました。サクサク食感の衣に、ミディアムレアのお肉の柔らかさとジューシさがどこか懐かしい、そんなレシピです。こちらのレシピでは、お肉そのものの旨みを活かすため、あっさりとした柚子胡椒ソースをご提案します♪柚子胡椒ソースには大根おろしを加え、和食ならではの懐かしい味を演出します。

content-excerpt.php

ほろっと柔らかい大人の味わい。羽後和牛ヒレの赤ワイン煮

じっくりとていねいに煮込み料理を作りたくなるシチュエーションにぴったり♪ 特選牛ヒレ肉を贅沢に使用し、フレッシュトマト、赤ワインとともに煮込みました。記念日やお誕生日のお祝い、クリスマスなど、ここぞという日のメニューにどうぞ。

content-excerpt.php

パーティーにも映える鶏肉レシピ!チキンソテーのトマトソース添え

パーティーでのメイン料理にもぴったりな、チキンソテー。普段からよく使われる鶏肉を使ったパーティー向けのおもてなしレシピです。トマトソースには野菜をたっぷり入れて、彩りも栄養もばっちり◎トマトソースは、お好みの野菜を追加するとアレンジの幅が広がります。より香味を出すなら玉ねぎ、セロリなど。お子様にも食べやすい甘いかぼちゃや、ピーマンで彩りと栄養をプラスするなど、自由自在にアレンジができます。

他のおしゃれ料理

content-excerpt.php

BRUNOで作る!ころんとかわいいパーティーおにぎり

日本の代表的な家庭料理の一つ、おにぎり。小さなお子さんから大人まで、おにぎりは万人に愛されるカジュアルな食べ物です。そんなおにぎりを、パーティーの主役にしてみませんか?たこ焼きプレートで焼きおにぎりを作ると、ライブ感も楽しめます。小さめサイズのころんとした可愛いおにぎりとともに、パーティーを盛り上げましょう!

content-excerpt.php

ほろっと柔らかい大人の味わい。羽後和牛ヒレの赤ワイン煮

じっくりとていねいに煮込み料理を作りたくなるシチュエーションにぴったり♪ 特選牛ヒレ肉を贅沢に使用し、フレッシュトマト、赤ワインとともに煮込みました。記念日やお誕生日のお祝い、クリスマスなど、ここぞという日のメニューにどうぞ。

content-excerpt.php

ごろっと大胆がGOOD!なすのミートソースドリア

大きめの乱切りにしたなすのごろっとした食感が楽しい、ジューシーなドリアです。ミートソースは市販のものでも代用可能ですが、トマト缶があればフライパンで手作りするのも簡単です!大皿にどんと作って焼き上げれば、おもてなしやパーティーにも。

特集記事

関連記事はまだありません。

オススメの記事一覧

content-excerpt.php

曲げわっぱの詰め方を解説!ランプ肉のローストビーフお弁当

上質な羽後牛のランプ肉を、簡単に作れるローストビーフに仕上げました。ローストビーフを使った、見映えのよいお弁当は行楽やピクニックにもぴったり♪彩りよく盛り付けると、駅弁のような豪華なお弁当に。ランプ肉の柔らかさを十分に感じられるローストビーフ弁当、ぜひお試しください。

content-excerpt.php

ボリューム満点!スパムとじゃがいものサンドイッチ

沖縄のメジャー食材、スパムを使ったサンドイッチです。炒めたスパムを混ぜ込んだじゃがいものサラダは、スパムの塩分でコクがプラスされ、満足感のある一品に。お弁当にもオススメのサンドイッチレシピです!

content-excerpt.php

本場・大阪のたこ焼き!人気店の粉を使った再現レシピ

大阪を代表するご当地グルメの「たこ焼き」。本場・大阪で地元の方からも愛されるたこ焼きの人気店のレシピを再現しました!今回は、基本の材料を使った王道なたこ焼きを美味しく作るコツを、大阪出身ライターがレシピで詳しく解説します。

content-excerpt.php

パーティー向けのご飯にはこれ!見栄えもGOODな手まり寿司

ころんとした形が可愛い「手まり寿司」。SNSやお店でも見かけることがある手まり寿司は、お家でも簡単に作れるんです。フィンガーフードにもなるので、パーティー料理のご飯ものにもぴったり!彩り豊かで、華やかな食卓になります。ひな祭りやママ会など、可愛いご飯をお披露目したいシーンにも◎

content-excerpt.php content-excerpt.php

大人のおつまみにも。変わり種の材料で作るたこ焼き

たこ焼きの具と言えば、定番の材料はやっぱりたこ。今回は変わり種の具に、自然の恵みと厳しい環境で育った北海道 厚岸産の「生牡蠣」をセレクトしました!生牡蠣を材料に使ったたこ焼き(牡蠣焼き・!?)は、とても贅沢な味わい。大人のおつまみにもぴったりです。具のアレンジをお楽しみください♪

content-excerpt.php

持ち寄りパーティーの華になる!具沢山の主役おにぎり

運動会やピクニック、お弁当で定番のおにぎりを、パーティー向けにかわいくおしゃれにアレンジ!見た目が華やかになるだけでなく、大きめの具をたっぷりと混ぜ込んでいるので栄養バランスも◎。パーティーの主役になる、おにぎりレシピです。

content-excerpt.php

もちもちカリカリでパーティーにもぴったり!じゃがいもガレット

じゃがいも、ご飯、チーズというシンプルな材料で作る、もちもち食感のガレットです。チーズでカリカリに焼き上げると香ばしく、おつまみやパーティーフードにもぴったり!簡単に作れてお腹にもたまる、嬉しい一品です。隠し味に野菜だしを使用しているので、深みのある味わいが楽しめます。

content-excerpt.php

簡単可愛いパーティー向けご飯!オープンいなり寿司

年代を問わず人気のあるいなり寿司で、SNS映え?!いなり寿司をひっくり返して具材を乗せる「オープンいなり寿司」。手軽に食べられるので、パーティーやおもてなしのご飯料理にオススメです!ほんのり甘いいなりあげと、いろんな具材との組み合わせを楽しんでみてください。

content-excerpt.php